モノノノノノ

もやっとした時にもやっとしたことしか書きません。簡素に生活しつつ、マッチョになりたいです。

ランニング 腰痛が辛すぎる プールと睡眠

やっぱりどうにも腰の調子は全快とはいかない。12月初旬に控えたマラソン大会に不安を感じながら、今月はリハビリ期間とし、ランニングに関してはほんとに軽くスロージョギングのみ、としている。

前回の投稿から新しく試してみたことは以下2つ。

・水泳(プールでウォーキングとクロール)
・睡眠環境の改善

 

◆水泳
前回の投稿の通り、腰に良いとされるプールでの運動を試みた。結果としてはちょっと続けられないかも・・・という感じ。小学生の一時期、スイミングスクールに通っていたからかクロール自体は速くないにしろ50mくらいならまあ、泳げる。1回のトータルでも500~800m、さすが全身運動、結構疲れる。

 

メリット
・運動としての効果はある(疲れるし、筋肉痛もある)
・運動して腰が痛くはならない

 

デメリット
・ランニングに良い効果となっているか判断できない(今の時点では)
・お金がかかる(1回470円)
・着替えが面倒

一番はコストかもしれない。

 

◆睡眠環境の改善
夏、暑い時期になると私は割と床やヨガマットの上で寝てしまう。というか、ベッドの上が暑すぎて無意識のうちにひんやりした床に移動して、寝ている。
#うちはセミダブルに2人で寝るので、小さいことも問題

嫁さんからの指摘で、来客用の安い睡眠マットレスで寝てみることにした。これは大きな改善点。今回が初の腰痛であったため盲点でしたが、朝起きた時点で痛くない。ポイントとしてはとてもよくなったというより、悪化しなくなったというイメージ。寝る前のストレッチの効果が継続してるような感じで、痛い状態で寝ても、おそらく良くなるわけではない気がする。ただ、腰痛の人で床に寝てしまってるのなら、まずやるべき改善点だろう。

 

おそらく、腰痛改善の手段は出し尽くしたと思う。
この辺りで取捨選択、ラスト1週間のリハビリ期間としたいところ。

ランニング 腰痛が辛すぎる

スロージョギングで少し光は見えてきたが、一番の悩みは腰痛である。身体が痛いと走ってもあんまり楽しくない。歳とったなあ。

 

まず僕の腰痛の原因。これは実は分かっていない。整骨院では腰椎とか、仙骨とか色々と言われているが、はっきり分からないので色々アプローチを変えて治療してもらっている。

 

腰痛のきっかけは恐らくオーバーワークかと思われる。あとメンテナンス不足。あとストレス。腰痛を認識し始めたのは4月くらい。その前後で20キロ走を複数回やったりと実力に見合わないランニングをしてたのが良くなかった。あと、年度末の仕事ストレス、これも効いた。

 

腰どころか玉も痛くなるなど、割と辛い。

多分、下のブログと同じ症状。

http://swordroot.hateblo.jp/entry/2016/03/10/001914

 

今の所やってみている事はこんな感じ

・骨盤ベルト(コウノエベルト)の導入

・ストレッチ(特に開脚ストレッチ)

・筋膜リリース

・軽い筋トレ

 

今の所、それぞれに効果は感じるものの完全には治っていない。今まで腰痛になった事もなかったのだが、日常生活にも影響あるし、正直きついし、マラソン出るので焦っている。

 

次なる手はプールでのリハビリかな。

なんにせよ腰痛とても辛い。

 

 

スロージョギングを2ヶ月ほどやってみた結果

腰痛やら、過剰飲酒やら、問題はなくなっていないけれども、7月からスロージョギングを取り入れてみて約2ヶ月ほど。ここらで振り返ってみたいと思う。

 

まずメリットだが、今のところスロージョギングが低負荷である事に大きく起因している。

 

・すぐに、楽にやれる

負荷が低く、疲れも引きずらないのでさっと取り入れることができる。朝の10分とかで、さっとやってシャワー浴びて会社行くのは割と気持ちがいい。

 

・脱力できる

力を入れなくていい。というより、今まで目一杯走っていたので、常に力が入っていた。負荷が低いし、力はいらない。脚の脱力は、みやすのんきさんや田中教授も大切さを説いている重要な要素。今のところ一番のメリットはこれかもしれない。

 

・手作りワラーチでも平気

人によっては意味ないが、2年ほど前にネットを見ながら作ったワラーチで走っている。目一杯の走りでは不安があり下駄箱で眠っていたワラーチが使えて僕は嬉しい。

 

で、走るの早くなったのか?という最大に大事なポイントなのですが、実際まだ分かってません。少なからず、スロージョギング中の心拍数は低く保たれるようになっており、心肺機能や脂肪燃焼昨日のボトムアップはしたように感じています。が、早いスピードが出せるようになったかというと、その点については、導入時と同じでまだ不安が残っています。

 

とはいえ、腰痛と付き合いながら、本番につなげていく必要があるので、しばらくは負荷の低いスロージョギングを続けたいと思っています。

スロージョギング始めました

色々と直面している問題に対し、スロージョギングを取り入れることにした。

 

スロージョギングについて僕が色々と説明するより、本とか動画とか見た方が良いので説明は割愛。

 

既に少しずつ取り入れ始めているわけだが、いくつか気になる点がある。

 

フォアフット

スロージョギングではフォアフットで、という事になっている。以前、僕は熱心にフォアフットを取り入れていたが負荷が高過ぎたのか走り方が悪いのか、足の前アーチが崩れてしまった苦い記憶がある。スロージョギングなら大丈夫か。。

 

スピード

スロージョギングでは低負荷でのランニングが基本となっていて、心拍数で考えると120前後で走る事になる。この心拍数で走ると僕の場合、本当に歩く位のスピードしか出せない。これで早くなるのか全く不安だったりする。

 

毎日

田中教授の本を読むと毎日走る旨記載がある。低負荷とはいえなかなか難しいかもしれない。ただ、1分のスロージョギングでも良いとも書いてある。要は積み重ねだ。

 

総じて楽して走れるようになることが大方針のようだが、スピード出さずに走るというのもなかなか精神的に難しさを感じる。

 

とりあえず、積み重ねだ。

フルマラソンエントリー

ついにフルマラソンの大会にエントリーした。地元宮崎の青島太平洋マラソン、アオタイだ。

 

レースに出るようになって半年経ったが、ここ最近あらゆる問題に直面している。

 

スピードが出ない

1月2月のハーフまではキロ5分を切るスピードで走れていたが、今はキロ5分が結構キツい。

 

腰が痛い

3月くらいからここまで右の腰から、股関節までが凝り固まり、スムーズに足が出ない。整骨院通いでだいぶ良くなったけど、スピード出すのが多少怖い。

 

心拍数高過ぎ

すぐ心拍数が上がってしまう。心拍数を気にしだしたの自体が4月くらいからだが、5分くらい爽快ペースで走るとあっという間に180位行ってしまう。ポラールの記録を見ると実は1月2月のレースでもほぼ常に180越えで走っていた。

 

改めてフルマラソンに立ち向かうにあたり初心に返って、基本的なことをこなすことにした。

 

体重を減らす

体調(腰)を治す

低い心拍数で走ることができるようになる

 

いたって基本的な気がするが、今までなんとなく走れていたのでこれに関して何もしてこなかった。

 

色々調べたが、福岡大学の田中教授が推進しているスロージョギングがかなり当てはまっていそうなことがわかった。

 

とりあえず、しばらくはスロージョギングでいこう。

グループランに参加した

普段から1人で行動する事が多い私だ。ここ数年ランニングを続けているのも1人でできるからである。

 

身の回りの友達にランニングしてる人がおらず、今まで1人黙々と走ってきたわけだが、そろそろ仲間が欲しいかなと思い始めた。走ることに関して色々と話せる相手が欲しい。

 

うーん。

 

少し考えてとりあえずグループランに参加してみようと思い立ち某ランニングショップのグループランに参加してきた。

 

結果から言うと楽しかった。いつも1人で走っているので、走ることに興味のある人達とゆるく走りながら、話したりするのは、地味だけど楽しくて1人で少しにやけた。新鮮だった。

他の参加者の方と話すのは僕としては多少勇気が必要だったけど、キロ6〜7分ペースで走りながらのおしゃべりは思いのほか楽しい。

 

時々皇居でキャッキャ言いながらおしゃべりランニングしている人を見かけたりするたびに、何が楽しいのかと首を傾げていたが、今回この楽しみが少し理解できた。新しいランニングの楽しみ方。

 

有名なショップだったので、すでに参加者の中でグループが出来上がってたりとか、やたらみんな格好がマジだったりとか、馴染みづらさを感じて少し思うところはあったものの、新たな発見ができたので、勝手に満足した。

 

ラン仲間は…まあまだ先になりそうだ。

 

 

勝手にバスケを語る

先日、B-LEAGUEの最初のシーズンが終わった。もう自分でプレーする気は無いが、バスケは見るのも面白い。

 

以前はNBAのプレイバイプレイを横目に仕事をしていたが、最近は自重している。それくらいには好きである。

 

B-LEAGUEについては、決勝の中継を見る限り大いに盛り上がっていたし、メディアの注目も今までの比較ではなかったと思う。僕もYouTubeなどで試合のハイライトをよく見ていて、1人で勝手に盛り上がっていた。

 

僕が勝手に応援していたのは、渋谷、京都、富山あとは千葉だろうか。千葉に関しては富樫選手を中心にチームが躍進し、天皇杯優勝、プレーオフにも出るほどで、注目チームとなった。僕が応援したくなるチームは勝ってほしい(でも勝てない)チームである。嫌味とかでなく本当に勝ってほしい。

 

正直なところ、B-LEAGUEではまだまだチーム運営が発展途上なところが垣間見える。特にbjリーグは母体に大会社を持たないチーム運営が基本だったのでお金の問題はとても大きい事は察して余るところだ。僕も以前応援していたチームは給与未払いの噂が絶えず、無くなってしまった。

 

なので、川崎、東京、三遠みたいな、メンバーがしっかり数年固定というのができず、メンバーが変わるのでチームが安定しない。(複数年契約ってどれくらいいるのかな)

 

当然方針変更とか、例外とかもあって、うまくいっているチームもあると思う。逆も然り。

 

前に出した応援したくなるチームというのは、チーム運営とかに難があるのかな?と感じさせつつも、コート(試合)では光るものがあり、強豪に勝てるんじゃ?と思わせてくれるチームだった。

 

選手、チームのケミストリーとかはNBAとかでもよく言われる事で、上手い人が集まっても必ずしも現れるものではない。でも、数シーズン一緒にプレーする事はチームとして結構大事だと思う。

 

その点、今回優勝した栃木は最初からプロチームとして運営してきていて、本当にうまくいっているなと思う。結果も出たが、映像を見ていてチームとして出来上がっている感じが見て取れた。下部組織からのチーム強化やファンの多さなど抜きん出ている。

 

プレーの話だと、先日のファイナルの後半にやっていた田臥、古川、ギブスの3人でのセットプレーなんかは、相当なスキルとチームレベルの高さを勝手に感じていた。(これに関しては誰かと語りたい位グッときた)

 

だらだらと長く書いて、もうまとまらなくなってきたが、僕個人としては大いにB-LEAGUEを楽しんでいたりするので、今後も期待しているという事である。(雑)