読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノノノノ

もやっとした時にもやっとしたことしか書きません。簡素に生活しつつ、マッチョになりたいです。

都会に住みたいと言う田舎者の欲望について。

何を隠そう田舎者の僕である。
英語圏への語学留学の際には、日本語が訛りすぎて、同じ日本人同士なのに英語も日本語も通じてるか微妙だったのも僕だ。

今のところ東京都内に身を置いたり、物への執着に勤しんだ20代を過ごしたのは、何も無い田舎で育ち、大都会に夢を見たところに起因していると思われる。

嫁も似たような感じの田舎者だ。いや、僕より田舎の人だ。

その二人が考えた野望は「山手線内に住んでみたい」と言うものである。割と田舎育ちの都内在住の人にはわかるのではないだろうか。都会の自転車通勤とかに憧れたりするのだ。しかも5分とか言う短時間限定。(田舎ではアホ程時間をかけて自転車通学したので、長時間はイヤ)

先日、かなり好条件の物件を見つけ、内覧に行ったのだが、その値段設定と狭さに愕然とした。ロケーションは問題ないのだが、パンピーサラリーマンの僕には、住めなくもないが、それだけの賃貸費を出すほどの価値を見いだせなかった。それは余りに狭いから。明らかに今住んでいるとこにあるものをすべて持っていくと、その部屋は居住スペースと言うより、物置に様変わりしそうなイメージが頭に浮かんだのだ。

ロケーションだけでなく、水周りの設備に関しても何の文句も無い物件だが、僕達は諦めることにした。

もしかすると憧れの山手線内に住めるのではと盛り上がっていた僕らは肩を落とした。僕は多すぎる所有物さえ無ければ住めたかもしれないなと思った。東京の部屋は狭い。物を減らして暮らす事はフィットするに違いない。改めて簡素な暮らしをしたいと、嫁に告げた。ちょっと理解できないと言うように軽く首を振ったヨメは「もっとお金があればもっと広いとこに住める」と言った。僕はその正論はキツイな。。と思いながら口を閉じ、苦いコーヒーを口に運んだ。